BLOG

CATEGORY

ARCIVE

アウトラインとウェイトライン

アウトラインとは「髪と肌の境界線」で美容師さんもお客様も気にされる人も多いともいます。

襟足の髪の厚みとサイドの厚みが違っていたら、何か違和感を感じるかもしれません。

ここは美容師さんの腕の見せ所であり、どうテクスチャ―を表現するかでお客様から喜んでいただけるところだと思います。

一方ウェイトラインは「髪が一番たまるところ」でヘアのフォルムを創るうえで重要です。

つまり、ショートカットはウェイトアプローチで行うことになります。

だからカタチが崩れにくくヘアの持ちがよくなるのです。

カウチーモの美容師さんはそういうことを考えながらショートヘアを創るのです♪

美しいカタチを創るためにさらに学んでいます!

RESERVE

サロンのご予約・お問い合わせ

CONTACT

採用やお店に関するお問い合わせ